毛深い女性でコンプレックスでした…そんな自分が嫌で行動を起こしました!

毛深い-女性-コンプレックス

毛深い女性でコンプレックスの塊でした…

点状の赤みと腫れ……脱毛後必ずあり、通常数数日で引いてくる。

かゆみ……凝固した皮膚組織が自然修復するときに起こるもの。

皮膚の中のしこり……皮膚の中にしこりを感じることがあるが、電気による凝固の範囲が広い場合に起こり、

抗炎症剤の内服やマッサージで一~ニカ月で治る。

なお、加盟病院では治療開始前に承諾書を取り交わしている場合も多く、信頼性において問題はほとんどないと思います。

一回の処理で、その時点で生えている毛を脱毛できますが、休止期の毛も合わせて、

脱毛希望部位のすべての毛を永久脱毛するには半年から二年ほどの期間を要するということです。

なお、同協会では「脱毛士」を養成する「脱毛士制度」を一九九二年から導入しています。
一定の研修期間を設け、知識、技能教育をするもので、医師か看護婦の資格を有するものが研修およぴ認定を受ける資格があります。
しかし、現在のところあくまでも協会内の認定にとどまる民間資格で、国家資格というわけではありません。

電気脱毛全般については、後述するレーザーによる脱毛との比較において、もう一度私の見解を述べることにします 。

●医療機関での脱毛料金ほか

●日本医学脱毛協会加盟病院の料金(同協会資料による)

色素(ダイ)レーザー

これまで治療が困難だった赤アザの治療用に開発されたもので、以前は主にアルゴンレーザーが使われて来ましたが、

現在ではほとんど色素レーザーに代わりました。
照射時間二〇〇〇分の一秒に調整されたパルスレーザーで、選択的に赤い色素(ヘモグロビン)に吸収されます。
皮府や周囲の細胞にはほとんど影響を与えません。
色素を液体に溶かしたものを媒質としています。
レーザー用色素にはいろいろあるので、可視光線から近赤外線までの範囲で、あらゆる波長のレーザーを発振でき、また ―つの色素でも発振波長をある程度変化させることができます。
波長五八五ナノメーター、五九〇ナノメーター(パルス波)。
有効な治療……単純性血管腫(赤アザ)、毛細血管拡張症、ソバカス、シミ、ガンの光力学的療法等。

毛深い女性でコンプレックスを解消するには脱毛が最も適しています

アルゴンレーザー

可視光線領域のレーザーで、青や緑の光が出ます。
赤に吸収されやすいので血管腫の治療に用いられます。

出力が小さく照射面積も狭いので、治療に時間がかかるのですが、非常に熱作用が強く、

伝導熱が正常な細胞にも影響するので、操作にあたっては熟練を要します。
現在は技術の差がそれほど影秤しない色素レーザーに代わられ、あまり使用されなくなりました。

有効な治療……星茫状血管腫、白斑、網膜治療等。以上のほかに、脱毛に使用しているのが次のレーザーです。

アレキサンドライトレーザー

ベリリウム 、アルミニウム 、酸素 の化合物の結晶を媒質とした固体レーザーです。

ルビーレーザーより長く、半導体レーザーより短い波長です。
可視光と赤外線の境の波長なので、目に見えるか見えないか程度の赤色です。

照射スポットのサイズは直径七ミリと一〇ミリがあり、この面積内の毛根を、一気に焼灼できます。
波長七五五ナノメーター(パルス波)。
有効な治療…脱毛、入れ墨、血管腫等。

私の脱毛の歩み

レーザーの無限の可能性を医療に生かす

私はそもそも皮膚の色素沈着を取り除くことをテーマに研究しておりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です