毛深い女性は脱毛すべきなのか?人生を【後悔しない為】に1番大切な事

毛深い-女性-脱毛-画像

毛深い女性の脱毛のすすめ

日本人は人種的には多毛の発症率が低いほうです。
白人は三人に一人が多毛という調査もあります。

多毛症の治療のしかた

多毛症には一般的に次のような治療法があります。

病的な多毛はその原因疾患を取り除かなければなりません。
一番多いのはホルモン投与による治療で、女性ホルモンを投与してホルモンバランスを正常に近付けていく治療法です。

アザ(母斑細胞母斑、遅発性扁平母斑など)の部分に多毛症を併発している場合もあります。
脱毛と脱色が必要になりますが、私のクリニックでは、アザ治療のレーザーを脱毛にも応用しています。
卵巣や副腎に異常がある場合は、外科的手術などでこれを切除します。
また分泌異常の原因が特定できる場合、例えば栄養失調が原因である場合には、まず栄養補給に治療の主眼をおくなど、対応した処置を取ります。
いずれも精神的な苦痛をすみやかに解消したい場合は、脱毛の処置も並行して考慮に入れるべきでしょう。

いろいろな脱毛法

「4つある脱毛法」

古来よりこれまで、さまざまな脱毛法が試みられてきました。
現在行われている脱毛法を大きく分けると「永久脱毛」、「一時脱毛」、「疑似脱毛」、「選択脱毛」の 4つに分類できます。
最後の「選択脱毛」は最近メディカルレーザーでできるようになった方法です。

永久脱毛とは、脱毛によって毛穴から永久に体毛をなくしてしまう方法であります。
この方法には、主に毛根に通電して毛乳頭や皮脂腺開口部を破壊する電気脱毛法があります。
エステティックサロンや医療機関で行われていますが、根気と技術、時間とお金もかかります。
ムダ毛と称して体毛をすべてなくしてしまうわけですから、肌への悪影咽も多くリスクを伴う方法といえます。

これに対して一時脱毛とは、毛抜きや脱毛クリーム、脱毛ワックス、脱毛テープなどで一時的に脱毛する方法です。
通常、家庭で行われている方法です。
疑似脱毛は、脱毛をせずに脱毛に近い効果を出そうとする方法です。
これには、脱色剤を使って毛のメラニン色素を抜く方法やサンドペーパーなどで体毛をこすりきって体毛を細く短くする方法、

カミソリでそる方法などがあります。

(注)最終の脱毛から 1ヶ月後の時点で、毛の再生率が20%以下である場合を「永久脱毛」と認める (AEA,米国電気脱毛協会)。

さらに、レーザー光線によるもっとも新しい方法として登場したのが、瞬時に広範囲に選択的に脱毛する方法です。
箪者はこれを「選択脱毛」と命名しました。
この選択脱毛についてはパート3で詳しく述べることとし、家庭での脱毛法、エステサロンでの脱毛法、医療機関での脱毛法として、

従来行われてきた永久脱毛、一時脱毛、疑似脱毛について解説します。

毛抜きや脱毛クリーム、脱毛テープなどで一時的に脱毛する家庭での脱毛法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です