毛深い子供は脱毛出来るの?出来ます!心配なママへのアドアイス

毛深い-子供-画像

毛深い子供の事が心配なママへ

話題の電気脱毛法

美容関係者によって電気脱毛が宜伝されるようになったのは、一九七〇年代後半ごろからです。
エステティックサロンでの脱毛は、一部従来の方法が併用されていますが、現在はほとんどが電気脱毛です。
針を毛穴に挿入して通電し、一本一本抜いて行くのです。

電気脱毛は大きく三つの方法に分けられます。

電気分解脱毛法

細いニードル(針)を毛穴から毛乳頭に達するまで挿入します。
ここに直流電流を通すと、細胞液が分解されてアルカリ性の水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が発生します。
アルカリに弱い毛の性質を利用して毛乳頭を破壊し、、水久に毛が生えてこないようにするものです。

しかし、通電時間が長く、電流が流れるたびに痛みがあります。
現在は直流法は余り使用されていません。

電気凝固脱毛法

これは交流電流を使います。
交流では数百ヘルツ以上の高い振動数を持つ電流を高周波といいます。
針を毛穴に挿入するのは同じですが、 3 3000の高周波を通電し、このとき発生する「高周波熱」で毛乳頭部にタンパク凝固を起こし破壊するものです。

直流法に比べて短時間の通電で済みますが、皮府に炎症を生じやすく、処理率も低いようです。

プしンド法これが現在エステティックサロンでは主流となっている方法です高周波熱の温度を低く設定し、

弱い直流と併用しています直流法の処理率の高さと高周波法の迅速性(短時間ですむ)を合わせ「いいとこどり」をしようとした方法です。
通電時間は510秒ですが、やけどや色素沈着が生じる可能性は依然としてあります。

そして通電するたびにかなりの痛みを消すことはできません。
痛みの感じ方は人それぞれですし、エステティシャンの技術や併用する緩和法にもよりますが、我慢できるという人もいれば、

大声で泣き出してしまったという人もいるなど、個人差があります。

以上はいずれも針を毛根に挿入して通電するわけですが、この「針を使う」行為が、医療機関でないエステティックサロンで行われている、

ということ自体が問題となっています

そのことを含め、次に問題点を見ていきましょう。

毛深い子供の脱毛について

医療行為違反

「……エステ業界の電気脱毛に関し、厚生省が「医業」に該当するとして医師法違反の統一見解を出したのは一九八四年。

しかし、エステの現場では、電気脱毛が営業行為として広く浸透し、2000人以上のエステティシャンを抱え、

業務の 50%を脱毛が占める大手業者もいるという。

財団は早くから合法化のため、学者や官僚などをメンバーとした「脱毛委員会」を組織し、制度化を検討していた。

財団が 8月に予定する初の電気脱毛の技術認定試験は、研修を名目としているが、医師側からは「違法行為の既成事実化」と反発がある。

厚生省医事課は「電気脱毛はあくまで医事行為。

医師や医師の指示で看護婦が行う行為で、それ以外は認められない。

試験が良い悪いなどという以前の問題」との認識を示す。

ただ、試験制度は「こちらがストップさせるのは管轄外。

指導課が厳しくやるべきだ」とする。

これに対して指導課は「財団からは研修と聞いており、そう判断している。

認定書もあくまで研修を受けたあかしで、公的な資格ではないと理解している」と黙認する姿勢だ(後略)。」

このような記事が、一九九七年の七月二二日の侮日新聞朝刊に掲載されていました。

新聞記事からも分かりますように、エステで行う電気脱毛は厚生省の見解ではあくまでも医師法違反とのことです。

気脱毛は部分的にやけどを起こさせるので、炎症や色素沈着を起こす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です