毛深い男の処理!私は脱毛サロンを利用して長年の悩みが解決しましたよ!

毛深い-男-処理-画像

毛深い男の処理!

安くてもほかの部位の脱毛はやる気にならない。

どうにもがまんできない痛さです。
安くてももうほかの部位をやる気にはなりません。

熱くて痛い電気脱毛

電気脱毛体験者の声

処理後にひとい炎症に悩まされる。

治療時 26歳/部位ひざ下/通院期間5年

もともと毛深い方だったのですが、スポーツクラプに入会したのを機に、体毛の処理を本格的に考え出しました。

新聞、雑誌などの広告を検討し、有名な大手エステティックサロンの一つをたずねてみました。

カウンセリングでは、脱毛の必要性、治療の流れなどのビデオを見せられ、加えて巧みなセールストークでその気にさせられてしまいました。

気がつくと何万円もするチケットを購入していました。

そこはチケット制で、三〇分券が一〇枚単位で綴りになった冊子を買うのです。

ローンを組まされ、払い戻しは効きません。

そして治療が始まりました。

一回の時間は一時間が限界でした。
針を刺し通電すると、熱くて痛いのです。
通電の痛みにはいつまでたっても慣れませんでした。
当時は一九八〇年代の終わり頃でしたが、そのころのやり方は、時間をずらしながら、つねに一〇本程度針を刺した状態さまりました。
しかし毛穴が赤くプップツとなり、色沈になってしまった箇所もありました。
でも、帰宅後むくんだようになりましたが、終わった後が大変だったのです。
処置後は毛穴が盛り、同時に何本も抜くのです。
個人針ではなく、消詣もオキシフル程度でしたので、今考えると衛生面でも非常に問題があったと思います。

プールで泳いだら毛穴から雑菌が入りウミも出た。

毛深い男だったけど処理する事で人生が明るくなりました!

翌日スポーツクラプのプールにいって泳ぎました。
そうしたら、毛穴に雑菌が入り、ウミが出てグチュグチュになってしまったのです。

さすがにびっくりしてサロンに電話で訴えました。

でも明瞭な指示や謝罪は受けられず、そのうち治るというようなことを言われ、けむに巻かれてしまいました。
たまたま皮膚科のつてがあり、抗生物質や消炎剤をもらい、やっと症状が引きました。

それでもチケットはあるし、きれいに脱毛したかった
ので、最初のころは週一回のペースで通いました。
その後は毛周期や体調に合わせて徐々に間隔をあけていきました。

そのうち現在行われているプレンド法というやり方に変わり、針も一本ずつになりましたが、痛さはたいして変わりませんでした。
一本抜くのに時間がかかり、一時間で数十本しか抜けません。
あまりの長丁場にだんだん行くのがいやになってしまい、やめてしまいました。

通算五年通った間には、治療中にエステティシャンが違うエステも勧めてくることもたびたびありました。
私もうまく断れずに、聞いているうちにフェイシャル(美顔)をやってしまいました。
また急ぐときがあって、ワックス脱毛も併用しました。
熱い液体を塗り、布を当てて、固まったら布ごと一気にはがします。
結構抜けますが、これも痛いものでした。
私はそのせいで毛細血管が拡張してしまいました。

足の電気脱毛だけで、結局 5年かけて二〇〇万円使いました(もちろん美顔やワックスは別料金です)。
最初に言われ、覚悟していた予算よりも何倍もかかってしまいました。

たしかに毛は薄くなりましたが、エステは時間とお金がかかり過ぎます。
私の場合肌も相当いじめてしまったし、人には薦めたいと思いません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です