毛深い男の悩みを解消!異性からモテる為には?

464486e86f79ebfc3120a07888d424cc_s

男の「毛深い」理由と悩み

1. どうして男は毛深いのか?

その原因として考えられるのは大別して「先天性」と「後天性」に別れ、男が毛深い理由として、大きく分けてふたつの原因が考えられます。

「先天性」では遺伝によるもの、「後天性」はホルモンバランスです。

先天性の遺伝に関して

あなたの父母の遺伝だけではなく、さらにもうひとつ前の世代、祖父、祖母の世代の誰かが毛深い、毛深かった可能性が高いです。

祖父母世代からの遺伝は「隔世遺伝」といいい、先祖の遺伝子が子孫に受け継がれていることを言います。

あなたの父母は毛深くないのにも関わらず、「どうして自分だけが・・・?」と悩みを持っている男性は、

祖父母世代の「毛深いことに関する悩み」を調べてみるといいと思います。

祖父母も昔、今のあなたと一緒のように毛深いことについて悩みを持っていたかもしれません。

毛深い後天性に関して

このホルモンバランスに関しての悩みは、案外誰にでも起こる可能性があることなんですけど、

その時々の変化によって、体毛の量や濃さに少し変化が起きたりもします。

これは男性女性に関係なく、各々の男性ホルモン及び女性ホルモンの分泌する量のバランスが、

体毛の毛深いことに関しとても繋がりがあるのです。

2. 男と女の毛深い原因の違いは!?

男性ホルモン、女性ホルモンという名称だけで考えると、

男性のみ、もしくは女性のみに存在しているように感じますけど、性別に左右されず、

男女ともにどちらのホルモンも持ち合わせているのです。

基本的に男性ホルモンは体毛に関する割り合いが強くムダ毛の発生を促すのに対し、女性ホルモンは頭髪に関する割合が強く男性ホルモンの影響を抑える特徴があります。、

このように、性別に左右されず必要以上の体毛の発生を可能な限りどうにかしたいと毛深い自分に日々悩みを抱える男性や、

対処的な方法ではなく根本的な悩みの解消を求めている男性は、

男性ホルモンが活発にならないようホルモンバランスを乱れなくする事に意識を向けると良いです。

では、乱さないようにする為の意識するポイントをご説明していきます!

3. 毛深い男へと繋がる、乱れる原因とは?

ストレスによる男性ホルモンの活性化には特に要注意です!

f5e4ce8064bcee030e4cbe65750bc676_s

主な原因として、

・日々のストレス

・食生活の不規則による栄養不足

・睡眠が足りていない

この3つが大きな原因として関わっています。

食生活の乱れや睡眠不足などは、自律神経の乱れにつながり、それを機に活発になっていくのです。

そして、ストレスも乱れを生じさせ、結果的に活性化を発生させます。

これ以外にも様々な要因が関係していると考えられますけども、

乱れる要因として「自律神経」の影響は外せないでしょう。

それらは根本的に、身体的にも精神的にも、毎日の生活バランスを良い方向にコントロールすることで解決する問題でもあるのです。

4. 乱れさせない(抑える)為には?

心身の健康を考えた日々を過ごす!

・心身共にしっかり休む日、時間を作る

心身両面で自らを労わりつつ、疲れの信号をキャッチしてしっかりと休息をとるようにする

方法は色々ありますが、半身浴等でゆっくり癒すのも良いですね

適度な身体も心身の健康を維持するのには必要なことでしょう


・ダイエット中の人は…

ダイエットをしている男は要注意。

もしそのダイエット、「ちょっとキツイな…」なんて自覚がある時は、

一旦止めて、本当にダイエットをする必要性があるのか自分い問いかけましょう。

行き過ぎたダイエットは心身にとても負担がかかります。

その負担が徐々にストレスになってしまうのです。

・大豆イソフラボンを身体に摂り入れてみる

食生活も見直してみましょう。

女性ホルモンと一緒の働きをし整えてくれるメニュー。

大豆や豆腐、納豆、豆乳などの大豆イソフラボンが多く入っているものを日々のメニューに加えてみると良いでしょう。

・睡眠はしっかりとる

体にとって大切なホルモンの多くは眠っている最中に作られます。

体の中で大切な役目であり三大神経伝達物質のひとつである「セロトニン」は、

人のメンタル面に対する影響が大きく、心身の安定や心の安らぎなどにも関係する事から、

別名「幸せホルモン」とも言います。

このセロトニンや幸せホルモンを発生さえ、自律神経を整えるためにも、しっかり眠ることは大切です。

これまでご説明してきたことは、毛深い事が悩みな男性にとってはどれも大切な事です。

先天性の男の方ですと、今述べて来た方法だけでは、絶対的な解消にはならないかもしれませんけど、「大豆イソフラボン」などは積極的に摂った方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です